タグ:子宮内膜症 ( 3 ) タグの人気記事

Cell栄養研究所 続木和子先生からのお便りが届いています紹介します。
(続木和子先生って誰???と思われる方はコチラでプロフィールを確認してください)

子宮内膜症と肝臓の関係って、ご存じですか?

子宮内膜症で悩む女性が増えていますね。「子宮内膜症は一生のおつきあい」
とか聞きますが、そんなことはないですよ。

第一、そんなお付き合いは、したくないですよね!!
大丈夫ですよ。子宮内膜症の原因が分かれば。

子宮内膜症はホルモンバランスの崩れが原因です。
特に、環境ホルモンの影響も大きいのですよ。

環境ホルモンっていうと名前は、私たちホルモンと似ているけれど全然違います。
「その環境ホルモンが、肝臓と、どんな関係があるの」ですって?

肝臓は、たくさんの働きをしているんです。生理に関係のあるホルモンの代謝や
環境ホルモンの解毒にも関係します。
肝臓の働きが低下してこれらの働きが十分にできなくなると
さらに、ホルモンバランスが乱れるという、悪循環に陥ります。

ですから、子宮内膜症の改善には、肝臓がしっかり働くことが大切です。
それには、食事や、環境ホルモンその他で肝臓に負担をかけないことと、
食事の改善や、サプリメントによる栄養補給です。

肝臓には、タンパク質を始め、ビタミンB群ビタミンC、レシチン、その他多くの栄養素が必要です。
栄養素不足だと肝臓が十分に働くことができずに、子宮内膜症にも悪い影響がでます。

こんな風に、私たちホルモンは体中のいろいろな器官のお世話になっています。
そうして、私たちホルモンがしっかり働くにも十分な栄養素が必要です。』(以上原文のまま紹介)

続木和子先生のプロフィールご覧いただけましたか?

続木先生は、ホルモンバランスの研究を20年間続けられているその道の権威者でもあります。
その続木和子先生が、子宮内膜症や卵巣チョコレートのう腫・子宮腺筋症などの子宮の病気を、
ホルモンバランスを整えることで改善できるようにと、

「14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座」として、
子宮の病気に悩んでいる世の女性達の手助けに立ち上がってくれています。

この講座でしっかりとホルモンバランスについて学び、一日も早く悩みを改善し、
安心して過ごせるよう私からも強くおススメさせていただきます。

>>続木和子先生のホルモンバランスについて確認する<<
[PR]

子宮内膜症の発生する原因ですが、これに関してはまだはっきりと解明されていないのが現状のようです。
ただ、月経により子宮内膜の一部が逆流してしまうことが原因ではないかという説が有力なようです。

子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜で、
この子宮内膜組織が本来あるべき場所以外の箇所にできてしまう病気のことを子宮内膜症といいます。

子宮内膜が子宮内腔以外の場所で生育していることで、
毎月の月経と同じように、子宮内腔以外の場所でも、剥離出血が起こってしまいます。

子宮内膜組織が本来あるべき場所以外で生育している場合、
その場所によって月経痛が激しいことや下腹部の痛み、不妊症、がんなど
様々な問題が生じる恐れがあるようです。

が、子宮内膜症は良性の病気です。この病気が原因で死に至ることはありませんが、
もし何らかの自覚症状が出たなら早めに改善することをおススメします。

生理痛や、子宮の病気の多くはホルモンバランスの崩れによるものが原因のひとつと言われています。
ということは、ホルモンバランスを整えればその多くは改善できるというこになります。

では、ホルモンバランスを整えるにはどうすればよいのでしょうか?

コチラにおススメの講座があります。「14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座」です。
この講座でホルモンについて知れば、
子宮内膜症だけでなく、卵巣チョコレートのう腫・子宮腺筋症などを自分なりに改善する事が出来ます。

女性にとってホルモンバランスを整えることが、一生涯、健康のカギです。

ぜひ詳しい内容を下記HPより確認されてください!そして、一生涯、健康のカギを手に入れてください!!

>>14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座の詳細はコチラへ<<
[PR]
松浦亜弥さんが子宮内膜症にかかったという発表がありましたね。
子宮内膜症は完治が難しく、閉経しない限り治らないと思われているようですが、本当にそうでしょうか?

松浦亜弥さんが公表した子宮内膜症は見つけにくい病気のようです。
医師の診断内容にも差が出やすくそのために誤診されたり、他の病気と間違われたり、
病院を何軒も回ってようやく子宮内膜症と診断されることも多い女性の病気です。

また、単なる生理痛を子宮内膜症と間違われてホルモン療法をされることもあります。

子宮内膜症は、ホルモンバランスが崩れてエストロゲンと言うホルモンが過剰に分泌されて起きます。
エストロゲンが過剰に出ると言うことは、生理があっても排卵していないことが多いのです。

もし、出血量が異常に多かったり、反対にとても少なかったり、
10日以上ダラダラと生理が続くとか、生理の周期が25日より短いとか、
逆に生理の周期が40日以上もあったり、だんだん生理痛がひどくなってきた、
などの症状があるなら排卵していない可能性が高く子宮内膜症の疑いがあります。

しかし、子宮内膜症はホルモン療法や手術療法をしなくても改善していくことはできます。
ココではこれからその改善方法を紹介していきます。おたのしみに・・・
[PR]