カテゴリ:子宮内膜症 改善( 1 )


子宮内膜症の治療法は、大きく分けて薬物療法と手術療法の二つの治療方法に分けられます。
子宮内膜症は再発の確率が高い病気のため、治療は長期戦になることを覚悟する必要があるようです。

それゆえに、“一生のお付き合い”ということでしょうか。

薬物療法は主に、ホルモン療法になりますが、この治療法は、ホルモンの働きをコントロールし、
一度月経を止めてしまう治療法です。注射薬、点鼻薬、内服薬などを使用して一度閉経状態を作り出します。
そうして子宮内膜症を小さくしたり、無くしてしまうという方法ですが、
完全に子宮内膜を取り除くことは難しく、また、薬の副作用により体調を崩してしまったり、治療に時間がかかってしまうなどのデメリットもあります。

薬物療法にせよ、手術療法にせよ、子宮内膜症の治療は長期戦になってきます。
まさに“一生のお付き合い”を覚悟しなければいけません。

しかし、それを覚悟できるなら・・・

14日間、わずか2週間でいいんです、しっかりとホルモンバランスのことを知ってみませんか?

生理痛や、子宮の病気の多くはホルモンバランスの崩れによるものが原因のひとつと言われています。
ならばホルモンバランスを整えれば子宮内膜症も改善できるということになります。

ホルモンバランスのことを知り、崩れを整えていく基礎になる期間が14日間ということです。
その方法がコチラです。

>>続木和子の「14日間集中!子宮内膜症改善・通信講座」<<
[PR]